【世界エンタメ新聞】の記事一覧

こんばんは、【世界エンタメ新聞@福だるま】です。

 

オルフェーヴルは、凄かったあ!!

素晴らしいラストランでした、8馬身差のぶっちぎりの勝利。

 

凱旋門賞での2着を限界と見た予想もありましたが、単勝160円の圧倒的な一番人気。

結果はともかく、「記念馬券」としての購入も結構あったはずですね。

 

G1レース6勝は、堂々たる記録ですがその影で泣いたのが2着のウィンバリアシオンです。

このレースでも2着でしたが、過去に3度も2着で泣かされていて負け癖がついていた?

 

3歳時の「ダービー」 でマイナス0.3秒差で2着。

「神戸新聞杯」でマイナス0.4秒差で2着。

「菊花賞」でマイナス0.4秒差の2着。

 

そして最後の対決が、この「有馬記念」の マイナス1.3秒差8馬身という驚異的な着差です。

一度も勝てずに2着止まりが精一杯のウィンバリアシオン、走るたびに着差が広がっている。

 

オルフェーブルの凄いところが、如実に現れています。

 

その反面ポカもたまにありましたが、今日の勝利は競馬ファンの大勢の方が納得されたことでしょう。

後半の5ハロン・6ハロンで長くいい足が使える、ディープインパクトと同じような「鬼脚」の持ち主。

G1勝利数では、1賞足りませんでしたが凱旋門賞2着2回も日本の馬としては勲章ものでした。

 

種牡馬になってからにも、大いに期待したいものです。

 

おめでとう、オルフェーブル!!

 

ありがとう、オルフェーブル!!

 

君のことは決して忘れません。

 

 

【世界エンタメ新聞@福だるま】でした。

 

 

【世界エンタメ新聞】